人はなにかしらのストレスを抱えています

ストレスは、皮膚トラブルの悪化因子となります。さらに、ストレスが擁破行動を誘発することもあり、ストレス解消が鍵になっているところもあるのです。ストレスを解消するためには、音楽や映画などを鑑賞する、散歩や旅行に出かけるたど、気分転換やリラックスできる時間をつくりましょう。
ストレスを感じたときや、かきたい衝動にかられたときには、まずはゆっくり長く息をはいてみましょう。実は、この深呼吸がいちばん簡単にできるストレス解消法なのです。リラックスしているとさは、呼吸は深くゆっくりとなっています。ところが、ストレスを感じると、呼吸は浅く過呼吸の状態になっています。
深くゆっくりとした呼吸は、交感神経の緊張をやわらげ、気持ちをリラックスさせます。また、正しい呼吸法は、血圧や脈拍数、発汗たどのバランスを整え、消化も助けるという健康にもよい影響をもたらしてくれます。

しかし、自律神経は、ストレスの影響を受けやすいのが特徴です。夜型の生活習慣や、ストレスに満ちた現代社会では、常に交感神経が優位にはたらいてしまい、だれしも自律神経のバランスを崩しやすい状況にあります。自律神経のバランスが崩れると、慢性的な疲労、めまい、動倭、頭痛、肩こり、腰痛、耳鳴り、口や喉の不快感、イライラ感、不安感、抑うつたどに悩まされます。そして、皮膚症状で最も多いのが、かゆみなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です