常在菌のバランス異常によって、皮膚トラブルが起こる

皮膚の常在菌は、バリア機能が損傷したとき、皮膚がアル力リ性に傾いたとき、ストレスなどで抵抗力が弱まったときに、善玉菌、悪玉菌、日和菌のバランス異常が起こり、感染源となって体に悪影響を及ぼします。感染源となるのは、悪玉菌に限らず善玉菌もなることがあります。代表的なものは、表皮ブドウ球菌やアクネ菌、黄色ブドウ球菌などです。
表皮ブドウ球菌やアクネ菌は、汗や皮脂を餌にしたがら雑菌を排除している善玉菌です。アクネ菌は「ニキビ菌」として知られていますが、普段は皮膚を守っています。
一方、皮膚に悪影響を与える悪玉菌が、黄色ブドウ球菌です。皮膚が弱酸性に保たれているときは静かにしていますが、アル力リ性に傾くと活発になって増殖します。引っかく、洗いすぎるなど、皮膚を頻繁に傷つけることでアル力リ性に傾き、かゆみや炎症、痛みなどを起こします。難治性のアトピー性皮膚炎の場合、バリア機能が損傷しているために細菌に感染しやすく、黄色ブドウ球菌が増殖していることが明らかになっています。
私たちはストレスを受けると、播破行動が誘発されたり、かゆみを引き起こす物質が放出されたりしますが、体内ではどのような変化が起きているのでしょう。
ストレスにさらされることで、自律神経のうち交感神経が優位にはたらき、血圧があがる、心拍数が増える、冷や汗が流れるなどが起こります。その状態が長く続くと、体の生命活動の恒常性が乱れてしまいます。ストレスが原因で湿務や皮膚炎が起こっている場合には、かゆみの悪循環を起こすと同時に、心も体も悪循環を起こします。
自律神経とは、自分の意志とは関係なく、すべての生命活動を%時間休むことなく、自動でコントロールしている神経のことです。その活動は、呼吸、心臓の鼓動、血液の循環、胃腸の消化吸収、排便排尿、発汗作用による温度調節など多岐に及びます。私たちが眠っている間も自然に呼吸をしたり、血液が流れたりしているのは、自律神経特に副交感神経のはたらきによるものです。自律してはたらいてくれるからこそ、バランスが崩れてしまうと厄介なのです。
自律神経は、副交感神経と交感神経のふたつの神経から成り立ち、互いに正反対のはたらきをしています。副交感神経は、個々の内臓の機能を促進させるように作用します。一方、交感神経は、内臓機能を抑制して外へのはたらきかけをするために、運動器の機能を向上させる作用を発揮します。おおむね、夜間、休息やリラックスしているときには副交感神経が優位になり、昼間、興奮や緊張しているときは交感神経が活発にはたらさます。
このふたつの神経がバランスを保つことで、私たちは心身ともに健やかでいられます。

頭皮のフケやかゆみをとるシャンプー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です